キャリア教育

阿賀町独自の教育施策、公営塾「黎明学舎」

設立の背景には、近年のめまぐるしい社会の変化、そして教育業界にも及ぶ様々な変化があります。

画一的な20世紀型スキルだけではなく、多様な文化を受け入れ活かしあう「21世紀型スキル」の育成が必要とされ、それに伴い、2020年度より大学入試のあり方も大きく変わろうとしています。

文部科学省は今後の大学入試の転換方針として、これまでの「教科の知識を中心とした一発試験的入試」から脱し、「志願者の意欲・能力・適正等の多面的・総合的な評価に基づく入試への転換」を示しています。

そのため私たちも、単に学力をのばすだけではない「学び」が必要となります。

黎明学舎では「キャリア教育」という特別授業を通して、生徒の皆さんに「幅広い学びの機会」を提供しています。


◎世代を超えた町内、町外の大人の話を聞くことで、多様な生き方/働き方を知る

◎地元の会社やお店の手伝いをすることで、自分の地元を知り、課題を発見し、解決策を考え、実行する

◎学年を超えたディスカッションを通して、他者と連携しながら、考え、整理し、発言する


このページでは、黎明学舎で行ってきた「キャリア教育」についてご紹介していきます。

阿賀町、そして阿賀黎明高等学校独自の教育をご覧ください。

キャリア教育