思考を可視化するために

こんばんは。

今日は雨続きで16時代とは思えないぐらい真っ暗な阿賀町公営塾 黎明学舎です。

ほんと暗すぎて時間感覚なくなりそうです。。


さて、今日が11月19日。

あと約1ヶ月後に阿賀町で開催「平成最後の阿賀町子ども未来フォーラム」が開催されます。


今回は今までと試行を変え、参加するのが小学生だけでなく、中学生、高校生、そして新潟大学生まで参加する「18年教育、一気通貫交流」を実現します!


普段あまり関われない世代を超えた交流から、考え方、価値観を広げ、様々な変化の要因をつくりだす、そんな取り組みを行います。


そのフォーラムに私たち黎明学舎も参加予定で、私は現場のディレクターを務めます。

「一体感」を感じられる、また言うだけでなく「小さな1歩につなげられる」ような時間にできるよう日々アタマ使って考え、準備をしています。


そんなフォーラム内の企画のひとつ。

「ふるさとの未来のために、今私たちが出来ること」についてのディスカッション。

ファシリテーターとライターを軸に、各自の思いを言語化し表現し、各チームの考えとしてまとめます。


そんな下準備として、ある程度の流れに乗れるようこんなものを作成しています。

時間が限られる中、各チームの想いを表現しやすいよう、また観客の方々がフォーマット的には統一感を持って、その中身の違いが理解しやすくするためのものです。


思考ステップとしては、


あるべき姿とは?(理想のふるさとって何?)

現状は?

あるべき姿と現状との「GAP」とは?(課題)

そのGAPを埋めるための「小さな1歩」は?


という流れで、各チームの想いを可視化します。


まだまだこれからアップデートして、限られた時間を最大限良いものに出来るよう、そして参加して楽しかったと思っていただけるよう頑張ります!


なんてったって「平成最後」ですから!!

challenge change chance

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000