東京大学からの使者

こんばんは。

今日は突然の雨が定期的に降って大変だった阿賀町 黎明学舎です。


この夏、黎明学舎にはたくさんの応援団が来てくれています。

・黎明高校の卒業生

・町内の企業の方

・高校の先生方

・役場の方々

そして、8月末までの限定ですが

・東京大学の学生さん

が、黎明学舎にて生徒のみんなの学習サポートとキャリア教育、

そして阿賀町の魅力を外の目線から発見するための力になってくれています。


生徒のみんなも、

・自分と同じ町で育ち、同じ高校で勉強し、進学した先輩の実体験アドバイス

・あの東京大学の大学生と触れ合う、話を聞く、勉強を教えてもらう

という初めての体験に、一層黎明学舎内の活気も上がっているこの夏休みです。

(1枚目の写真は、卒業生と東京大学生と生徒ちゃんとの夢のコラボです)


サポートしてもらっている東京大学の学生は教育学部、卒業生は心理学部、

ということで、彼らの勉強にもこの体験は役立っているようです。win-winですね。


来週には去年卒業した卒業生にも来てもらって、夏の最後の学習イベントを開催する予定です。


生徒のみんなに新しい気づきを得てもらえるような人脈をつくり、触れ合う体験を

これからも提供していきたいと思う、新しい挑戦続きの黎明学舎でした。

challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000