「やる」in 2019年

明けましておめでとうございます。

今年は暖冬のため、雪がそこまで降らなかった年末年始の阿賀町公営塾 黎明学舎です。


みなさん、2019年が始まりましたね。

この阿賀町にとって、2018年12月26日に実施した「阿賀町子ども未来フォーラム」を経て、大きな転換期になる1年になると勝手に感じています。


なぜなら、あの日あの時間に全員で考えた、共感したFirst Actionが動き始める年になるからです。フォーラムをしたことが目的にならないよう、ひとりひとりが意識し、小さくでも動きていくことが2020年を迎える時、大きなチカラとなっていることでしょう。


受験生たちも年末年始、一生懸命勉強していました。

ひとり黙々とやる人。

みんなで励ましあいながらやる人。

ライバルと競争しながらやる人。

とにかくやる。

目の前のやるべきことをやる。

手を動かせ。頭を動かせ。

批評家になるな。実践家であれ。

信念を持って行動している人を応援しよう。

そして未来を信じて、覚悟を決めろ。

そして、とにかくやる。


2019年も、阿賀町公営塾 黎明学舎は、、、


やります!


challenge change chance

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000