ソーシャル・ティーチング

こんばんは。

今日の昼は快晴で気温も7度ぐらいあった阿賀町です。

いつもの服装では汗かくぐらい暖かかったです。

さて、今日からテストがスタート。

みんなの目はギラギラしていました(徹夜のせいかもですがw)


テスト期間の黎明学舎はもう大盛況。

この空気感になると起こることが「教え合い」です。

いわゆる「ソーシャル・ティーチング」ですね。


お互い教え合うことで、その知識はより自分の脳に深く入る。

そして、人に教えることで相手がわかりやすいように考えるので表現力が鍛えられる。

さらに、みんなで取り組むことで個人の力の限界を超えられる。

(人に教えることで、自分自身にもプレッシャーかかってより真剣になりますしね)


「Leaning by Teaching」〜教えることによる学び〜


これは少人数規模で、かつ志が同じ方向を向いている仲間でありライバルの集まりの

黎明学舎という環境だからこそ起こる現象、つまり独自性であり強みだと感じます。


そんな学習環境=公営塾があるのは、新潟県で唯一、この阿賀町の教育だけです!!

challenge reimei


阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000