挑戦の1日を終えて。。

終わりました。

ぎこちなくも、一生懸命な生徒同士による教え合い授業が。。


「頑張って準備したけれど、うまく喋れなかった」

「どのタイミングで書いたり、話したりしたらいいか難しかった」

「テンパって時間オーバーしてしまった」


などなど、いろんな感想がありました。

1回きりで何か大きな変化が起こるとは思いませんが、

確実にひとつの経験が自分の中に吸収されました。

これを膨らましたり、他のことへのエンジンにしたり、

いかに次に活かしていけるか、その仕掛けこそ私たち黎明学舎の仕事です。

明日からさらに脳みそフル回転させねば。


あと感想として、授業風景が学校の先生に似ていたなあと。

教え方は教えてもらえないから、真似するしかない、そんな感じで似てくるのかな。

ということは、やっぱり大人がまずは頑張らないと、それが生徒たちにも感染るってこと?

精進せねば。


今日はそれこそ、私たちにとっても生徒たちにとっても challenge reimei な

1日でした。ありがとう。おつかれさま。

challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000