覚悟を決めた高校生

こんばんは。

ついに気温が15度を超えて暖かい阿賀町です。

けれど、夜はいっきに気温が下がって寒い寒い。まだ半袖は危険です。。


さて、今日はある取材を受けました。

東京から来ていただき、このPJに関係する関係各所へ取材。

もちろん、我々も生徒のみんなも。


こういう取材を通じて、

「初心を再度思い出す」「改めて人の考えや想いを聞く」

「知らなかったことを知る」「全員が再一致団結」

などなど、色んな効果があるなあ、と感じた1日でした。


そして、昨日ソーシャルティーチングを担当した生徒くんは、

実はめちゃめりゃ凹んでいて、夜ベッドでなかなか寝れなかったようですw


今日はしきりに、

「おれ、もっと頑張らんとダメです」

「自分が思ってたよりも出来なかった自分がいて悔しい」

「時間を取っておれの授業を受けてくれたみんなに申し訳ないです」

という発言があったんですが、その反動でなのか勉強へ取り組む姿勢に変化を感じました。


おそらく、彼のなかで「出来なかった」という危機感が「覚悟」を決めさせたのでは。

受験が本当の意味で自分ごとになったのでは。


そう感じて、私はニンマりした1日でした。

本人は凹んでましたが、最後は明日の模試に向けて早く寝ます!と笑って帰りましたとさw

challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000