本気のトイレ掃除

こんにちは。

今、学舎の部屋にも眩しい太陽の光が差し込んでいる黎明学舎です。


黎明学舎では、毎週火曜日はメンバーで決めた「掃除の日」です。

来てくれているみんなが気持ち良く過ごせるように、完璧主義者の松本さんを指揮官にw、

3人であれこれと掃除しています。もちろんトイレ掃除も本気でやります。


掃除の日も最初は決まってなかったんですが、私の前の社長が言ってました。

「オフィスが綺麗ではない会社は、売上もお客様からの信頼も良くない」

その会社では、毎週月曜日、全員が1時間早く出社し全身全霊で掃除します。

社長自ら1時間かけて本気でトイレ掃除もします。


もちろんオフィス環境を整える=物理的にも思考的にも整理される、

という観点でもあったのでしょうが、それよりも私は社長自ら皆がやりたがらない

トイレ掃除を率先してやる、その姿から教えられることがたくさんありました。

だから、黎明学舎でも掃除の日を作りました。


「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。」 

by 山本五十六


仕事面でも生活面でも、あれこれ言う前に

最初の「やってみせ」という部分を自らが出来ているか?

そこを忘れなければ、自分自身の成長もおのずとついてくるのでは。


率先してやる、その姿を見た誰かが何かを感じ、意識を変えるキッカケになれたら最高です。

だからこそ、まだまだ頑張れ、俺たち黎明学舎!!


そんな民間時代の経験から感じたトイレ掃除の時間、午後1時でした。


challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000