キャリア教育「学問かるた」で気づいたこと

こんばんは。

今日はまだ暖かいほう、といっても最低気温9℃の黎明学舎です。

前回の記事でもお伝えしましたが、

特別授業「学問かるた」を実施しました!!

昨日は、地域魅力化プロジェクトの藤岡慎二氏の特別授業

「学問かるた」を実施しました。

藤岡さんの説明を受けるみんな。

「大学で学ぶとは?」「どの学部がどんなことを勉強する?」

「そもそも、勉強って何のためにするのか?」などを考えています。

資料も読んで、学びを深める。

さあ、「学問かるた」スタート!!

世の中にはいろんな学問があるんだな〜と感じながら頑張るみんな。

大人チームよりもデキよかったです笑

そんなキャリア教育を終え、

今日、改めて生徒さんと話てたときにこんな印象的な言葉がありました。


「昨日の授業がきっかけで、自分の町にも学問が眠っているんだなって気付いた」


そう。

そうなんですよ。

この阿賀町にも、いろんな学問が眠っていると思うんです。

それに気づいてないだけで。

そして、私はきっとこの阿賀町を通して学ぶことは、

未来の日本全体が抱えるであろう課題解決につながると思います。

この町で学んだことを糧に、

「未来の日本を俺が、私が変える!!」

そんなかっこいい大人が、みんなの中から出てくれたら嬉しいです。

こういう気付きのキッカケを、これからも黎明学舎のキャリア教育は

いろいろ用意できるよう頑張るので、ぜひみんな活用してくださいね(。・ω・)ノ゙

challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000