みんなの夢AWARD報告 ②



東京で参加した「みんなの夢AWARD」

当日は7名の全国代表者がそれぞれの夢を語り、

その志に共感した数多くの企業の支援を獲得されました。

「夢は語ることで、動き出す」

不言実行ではなく、有言実行とすることで、

自分への決意、そして共感する仲間を集めることもできると感じた瞬間でした。


さらに、この2日で一番印象に残っていることは、経済学者であり、貧困層向けに

小額融資(マイクロファイナンス)を行うグラミン銀行を1983年に設立し、

2006年にはノーベル平和賞を受賞したムハメド・ユヌス氏の講演。

その講演で、特に印象に残った言葉はこちら、


「人は仕事を探すために生まれてきたのではない、仕事を作るために生まれてきた」


人は皆、創造性と可能性に溢れた起業家なのだと強く感じた瞬間でした。

これからの日本で必要な意識こそ、この言葉に集約されているのではと感じました。


次世代の若者たちにこの言葉を心から伝えられるよう、まずは大人が見本とならねば。


challenge reimei

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000