集中力を保つために

こんばんは。

今夜の天気予報では、まさかの湿度90%という阿賀町です。


ちなみに、湿度100%を超すと、空気中に存在できなくなった水蒸気が追い出されて、

壁などに水分として出てくるらしいです。結露ってやつですね。。


さて、今日はこんな机をご紹介。

キシリトールガムのボトルが3個。

1個あたり約100個なので、この3個で300個のガムを噛もうとしている

強者の生徒がいるということになりますねwww


この生徒くんが今勉強しているのは暗記科目。

ちょっと集中力を保つのが難しくなることが多くなります。


そんな自己分析をした結果、対策としてガムを噛むという方法を思いついた彼。

この方法は理にかなっています。


「噛む」という行為は集中力を増してくれます。

人間の口の周りには咀嚼の際に使用する咬筋(こうきん)という筋肉があります。

この咬筋を使うことで脳神経の一つである三叉神経が刺激され、脳への血流が促進され

頭がすっきりし、一つのことに集中しやすくなる、という機能があるようです。


ここまで知っていたかどうかはわかりませんが、

眠い自分を律する。集中力を継続させる。という現状に対してもがいたことには

変わりありません。なんとかあるべき自分に近づこうとした行動力は素晴らしいと思います。


この噛むメリット情報をスタッフから伝えると、

「ふふふ」

と不敵な笑みを浮かべて帰っていきました。


なんの笑みやねんwと思いつつ、がんばれと思った今日この頃でした。

challenge change chance

阿賀町 公営塾 黎明学舎

新潟県初の試み、高校魅力化プロジェクトが阿賀町でスタートしました。 その第一歩目が「公営塾」黎明学舎の運営。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために、阿賀町が支援し運営する学習環境です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師が少ない環境でも、日々の学習サポートと自分の将来を考えるキャリア教育を通じて、生徒一人ひとりが広い視野で「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。

0コメント

  • 1000 / 1000